インターネット接続の仕組み

さて、インターネットとはいったいどういう仕組みで様々な情報が入るのでしょうか。

インターネットの仕組みを簡単に説明すると、簡単の表現すると自分のパソコンと他の場所にあるパソコンに接続してデータをやりとりするものです。

例えば自分のパソコンからインターネットに接続してブランドメーカーのサイトを見て新商品を確認する、とします。
これは、ブランドメーカーが用意したサイトのデータが保管されているパソコンに接続しているということになります。

こういった仕組みで色々なサイト、画像、などを見ることができるのです。

ただ、インターネットの接続をする場合の知識で大事なことはその仕組み自体よりも、何かプロバイダーなどが必要になってくるということです。

ここの部分をしっかりとわかっておくことがポイントです。
プロバイダーという業者と契約しなければインターネットに接続というのができません。

これは、携帯電話と同じようなものだと考えれば大丈夫です。
どこかのキャリア(電話回線メーカー)と契約しなければ、携帯電話の通信ができません。

携帯電話の場合、大体が課金性になっているかと思いますが、 パソコンのインターネットは現在ではほぼ全てが繋ぎ放題です。
今、CMや店頭で宣伝をしているのは繋ぎ放題と考えてよいでしょう。

そのプロダイバーといってもやはり難しい部分があると思いますので、接続をするためには一体どうすればよいのかという点を抑えていればよいかというのをまとめておきたいと思います。

キーワード:

このページのトップへ